Archive for 4月, 2016

4月 13 2016

乱交パーティに応募 ネットの出会いで地雷女がほとんどだというのが五人そろった事実なのでしょう

先に、気まずい雰囲気をなくすようにしゃべりだしたのは、35歳で現在はヒモ生活を満喫しながらホストとして働くAさん。
「初めに雑誌か何かで見て、普通に使ってみたんですけど、正直な感想、サクラばっかりでもないです。こんなこと言うのははばかられるんですが、微妙な人ばっかりで、太っていたり、全然若くなかったり、この言いぐさには、「ちょっとひどすぎないか」とは思ったものの、このA君のコメントに、4人も同感のようでした。
Bさん(整備関係のお仕事)「何てったって匿名性の強いコミュニティにいるような、名前も住所も知れない輩とも、なんで約束するかっていえば、ずっと恋人もいい感じの相手もいないんですよ。言ってしまえば、真逆の女たち。あれこれ考えてお目当ての人を探ったら普通に引きますよね。」
化粧品会社の企画部に所属するCさん「それっきりだったんですけど、カツラ被ったネカマにばったり会って、あわくって脱走したよ。
ほかの2人についても、顔がにやけたまま、「本当にまれに、とんだ変り種にぶつかることがある。」とどっこいどっこいのようだ。
あとは、途切れることなく誰しも当てはまるのかレアケースなのか判断しかねることを、体験を明かし始めた五人だったんですが、パッと見で、素人も混じっているものの、ネットの出会いで地雷女がほとんどだというのが五人そろった事実なのでしょう。
コミュニティサイトから送信されるメールには何パターンかあるものの、特に注意したいのが、「出会い系サイトへの登録ありがとうございます」をお知らせするメールです。
こういうメールについてですが、利用したかどうかに関係なく、登録手続きが「完了」したことを表すメールを送ってきます。
もちろんですが、会員になったと信じてしまいURLどおりにアクセスすれば、詐欺に成立することになってしまうので、リンクには触らず、すべて消去してしまいましょう。
ついでに言うと、アドレスにアクセスすると、「登録完了です!」などと色彩の派手な画面に繋がるようなリンクがつないであったりします。
つまりは、「このサイトについては使った記憶はないけど、一応確認してみよう」という気軽な行動で、相手に弄ばれる事態を引き起こすのです。
こういう業者の獲物になった人は多くいて、まんまと丸め込まれて何百万も振り込んでしまった被害者すらいます。
アカウントを取っていないサイトでも、振り込んでしまった場合、直でサイト側の所得になってしまいます。
そうして、その売上金はあちこち回ってただ生活しているだけの消費者を騙すのに利用されていきます。
万が一、怪しい文面のメールが来ても絶対に開かないのが原則です。
わくわくして出会い系サイトに登録してみたものの、お目当てのサイト以外にも、記憶にないサイトからも、消去するのも面倒なほどのメールが来るようになって手におえない…という問題が最近とても増大しています。
アダルトサイトを使った記憶もないのに受信箱に溜まるこの種のメールは、とても面倒ですが解決方法がほとんどありません。
具体的に挙げると、必要ない出会い系サイトを一つひとつ退会していっても、結局退会の際にタッチしたバナーから、気が付かないうちに別の出会い系サイトへ入会させられるシステムになっていたりするので、どっちにしたって、知らないサイトからメールがきて逃れられないようになっているのです。
なおかつ、出会い系サイトのアドレスをフィルタにかけても、記憶にないサイトからメールが来るようになるだけなので、結局のところ自分のアドレスを変更するしか有効な手立てはないでしょう。
結局のところ、おびただしい迷惑メールに手を焼いているならサイトに知られたメールアドレスは新しいものと取り換えるか、無料で音楽が聞けるサイトや、成人指定のあるサイト、好きな人との運勢を教えてくれるサイトなど、無料をウリにしているサイトにはメールアドレスや個人情報を明かさないのがベスト。
さらに言えば、少しでもおかしなサイトから迷惑をこうむった場合は、警察に通報しましょう。
「出会い系サイト運営側から大量のメールが届くようになってしまった…何がいけないの?」と、あわてた経験のある方も多いのではないでしょうか。
筆者にも覚えがあり、そういったパターンでは、利用したことのあるサイトが、気づかないまま多岐に渡っている可能性があります。
このように推しはかるのは、出会い系サイトの大部分は、サイトのプログラムで、他のサイトに入力された情報を丸々別のサイトに漏らしているからです。
言うまでもないことですが、これは登録している人が意思ではなく、いつのまにか横流しされてしまう場合がほとんどなので、利用した方も、知らないうちに何か所かから覚えのないメールが
付け加えて、自動で流出するケースでは、退会すればメールも来なくなると油断する人が多いのですが、退会手続き効果無しです。
挙句、サイトを抜けられず、別のサイトにも情報が漏えいしっぱなしです。
設定をいじってもそれほど効果的ではなく、またほかのメールアドレスを用意してメールを送りなおしてくるのです。
一日で受信箱が満タンになるほど送ってくるようになった場合は、躊躇せず今までのアドレスをチェンジする以外にないので注意が必要です。
E「なんていったらいいかしら、見て分かるようにオカマだから、出会いって大体ないの。色モノ扱いだし、自分から出会い系サイトを利用しないとねえ」
B(セドラーとして成功を夢見る)「Eさんのおかげで今浮かんだんですけど」
筆者「ええ、どんな体験ですか?」
「僕の経験なんですが、一度だけでしたが、女の人と思ったらオカマだったこと覚えがあります」
動揺する五人。
A「俺も覚えある」
B「Aさんも会ったんですか?僕だけの経験だと思ってました。ネットの出会いなんで、当然女性と出会えないかと使用したんですけど、2人で都合を合わせて、公園で待ち合わせしたのに、モデル並みの高身長でがっちりしたのが待ってて戸惑って呆然と突っ立っていたら、その男が待ち合わせですか?ユミですって話ししてきて」
筆者「女性じゃなかった…っていうと口にしづらいんですがネカマに騙されたとか、女の人だと思っていたらオネエだった人、ここでは何人くらいいますか?」
確認を取ると、驚いたことに四人中三人も記憶にあると判明しました。
筆者「出会い系サイトは、女性を演じるホモセクシュアルやトランスセクシュアルが大勢いるんですね」
E「たくさんの人がいるんだから。自分から積極的に探さないと出会いのチャンスもないから騙してでも捕まえる。わたしも募集中」
特にキャラの濃い五人が協力してくれ、あとは、熱のこもった議論がなされました。
出会い系サイト事情を見ると、同性同士の出会いを欲しい人たちが性の多様性が求められる中でどんどん勢いを増しています。
出会い系を使ってばかりなような人はざっくりでいえば、孤独な人間であることに違いはなく、相手に対してはおろか自分にも、人間関係を持つことについて価値がないものだと決めつけてしまうという諦観的な見方をしています。
よく出会い系サイトを利用している人については、恋愛の前にそもそも、家庭環境があまりよくなかったり、友達関係においても築くことができないというタイプがほとんどなの乱交パーティ
そういう人たちといえば、別の視点から見ると、平凡極まりない人に見え、何か悩みがあるわけでもないように思われてしまうことばかりなのですが、本当のところは違うようです。
自分以外の誰かを信頼することを恐れる感情が強く、家族の関係にしても、友達として人間関係を持つことも、仕事仲間との関係も、恋人として誰かと関係を持つことも、長続きさせるという発想がまずなく、過去に自分に起こったことから異性への興味を抑えている、といった過去を持つ人がかなり存在していることでしょう。
そんな性質を持つ人にしてみれば、出会い系は気を張る必要のないところです。
出会い系サイトの中での関係は、まず長くは続かないのがごく普通の結果だからです。
まず普通は、本気にはならない関係だけしか得ることができないので、何も面倒なこともなく、当初の目的が満たされればそれで関係は終わりになるのです。
出会い系で異性との出会いにはまり込んでしまう人は、まともに人間関係を持つことを特に期待もしておらず、信用できるような誰かを見つけることができれば、出会い系を使うことからはだんだんと離れていくようになります。
何よりも、出会い系サイトの危険さを賢く使わないと、かなり危ないことに巻き込まれる可能性があることを、初心者には十二分に警戒しいてもらいたいです。
18歳以上でないと利用できないサイトでも、昔から多くの法律に反する行為がされたことは、恐らく読者のほとんどは間違いなく知っていると思いますが、未成年者が殺されたりする事件や、女性に対する悪質行為など、ネットを悪い方に活用し、次から次へと、大人達からの被害を受けているのです。
こういった過去の出来事が目にすると、現に、安全とは言えない出会い系サイトでは、膨大なほど犯罪の温室であることに理解させられます。
加えて、一例を挙げますと、10代の女性が殺害され、今でも逮捕されていない残忍な事例もあり、いつでどこで取り返しのつかない結果となってしまう巻き込まれてしまう場合もあるわけです。
そのうえ、子連れの女性が、別の結婚相手を探すために出会い系サイトに頼ったことで、支えてもらえるどころか、極悪非道な男性が子供にも暴力を振るい、命を奪うことすら悲しい事件になることもあるのです。
言うまでもなく、小さいお子さんからすれば何1つ責められるべきことはありません。
それなのに、再婚相手である、どう見ても信用できない男に、何の理由も無しに犠牲者となってしまい、最悪な状況に陥ってしまうのです。